銀行融資を利用しビル経営で利益を上げよう

高収益のビジネスモデル

ビル

本格的に不動産投資を行いたい場合には、マンションなどの居住用物件よりも、オフィスビルなどの事業用物件を購入するのが効率的です。すでにテナントで満室になっているオーナーチェンジ物件も見つけやすいので、不動産投資のビギナーでも効率的なビル経営が行えるでしょう。中古物件を購入してビル経営に新規参入する手法も魅力的ですが、地域のニーズに合わせて不動産投資を行いたい場合には、土地購入からスタートするのが理想的です。ビル建設に最適な土地を購入して、オフィス需要を総合的に考えながら、間取りや設備にこだわったオフィスビルを建設するのが賢い戦略です。新築物件への需要は地域を問わずに非常に大きいので、建物の完成直後から高い稼働率を実現することも容易です。

保有しているオフィスビルの稼働率を最大限に高めることが、ビル経営で高い収益性を実現するための基本です。清潔なトイレにリニューアルしたり最新鋭の空調機器を導入するなど、保有する物件の価値を高めることで、手取りの家賃収入を大幅に増やせるでしょう。ビル経営者のサポートも行っているコンサルタントに相談することが、問題点を早期に発見して経営を改善するための近道です。テナントからのクレームの中にも改善へのヒントが隠されているので、入居者の声にも耳を傾けながら、保有物件の質を高める取り組みも必要です。リニューアルを積極的に進めて既存の物件の価値を高めることと並行して、銀行融資を活用して新規にビルを購入するのが、家賃収入を増やすためのポイントです。

低資金でオーナーになれる

模型

複数の投資家が不動産運用できるサービスが、みんなで大家さんです。利用できる不動産物件も、商業用から居住用まで多種多様です。リスク分散の意味でも投資家にとって大きなメリットがあり、少ない資金で始められることも利用者が増えている理由になります。

Read More

転勤中だけ家を貸す

部屋

転勤している間だけ留守宅を誰かに貸したいと考えている人に最適なシステムがあります。それは、定期借家契約を利用するリロケーションという名前のシステムです。リロケーションシステムを利用すれば、転勤から戻ってきた時に必ず自分の家に住めるようになります。

Read More

信頼できるパートナー探し

集合住宅

副業でビルやマンションなどを経営するときには、入居者管理やメンテナンスも一括して依頼できる、賃貸管理会社のサービスが便利です。サービスの質の高さや顧客満足度にも注目しながら、料金が割安で利用しやすい賃貸管理会社を選ぶべきです。

Read More