転勤中だけ家を貸す|銀行融資を利用しビル経営で利益を上げよう

銀行融資を利用しビル経営で利益を上げよう

転勤中だけ家を貸す

部屋

良いシステムがあります

転勤の辞令が下りると今住んでいる家が空き家になってしまいます。空き家のままにしておくのはもったいなさすぎますが、誰かに貸してしまうと、転勤先から戻ってきた時に自分達が住めなくなってしまう恐れが出てきます。そのため、少し前までは、空き家のままで放置しておくという形を選ぶ人が多くなっていました。しかし、リロケーションというシステムが誕生したおかげで、転勤中だけという条件付きで誰かに家を貸せるようになりました。とても有利なシステムであるため、リロケーションに注目が集まっています。

利用形態

一口にリロケーションと言っても、その形態は大きく2種類に分けることができます。1つは、間に入るリロケーション業者が普通に入居希望者を募集し、誰かが入居した際には家主に代わって賃貸管理業務を一手に引き受けるというスタイルです。この場合、賃借人と家主との間で取り交わされるのが普通借家契約ではなく定期借家契約であるという点を除けば、普通の不動産業者に物件の仲介と管理を頼む場合と何ら変わりはありません。もう1つは、サブリース方式のリロケーションです。こちらの場合は、実際に入居する賃借人とではなく、家主はリロケーション業者と契約を結ぶことになります。前者の場合よりも家主の懐に入ってくる月々の賃料収入が若干少なくなりますが、実際に入居者がいるかどうかに関係なく、契約期間中はずっと業者から賃料の支払いを受けることができます。どちらの形態にもメリットとデメリットの両方がありますので、よく考えた上で決めることが大切です。